So-net無料ブログ作成
検索選択

南高尾山稜 [高尾・陣馬]

2009年12月23日(水)[晴れ][晴れ][晴れ]快晴、無風
 長時間の方向訓練を兼ねて以前から歩きたかった、南高尾山稜を登ってきました。暖かい一日で、殆ど半そでTシャツで快適に歩けました。休日とあってたくさんの人が歩いていましたが、このコースは植林地帯がほとんど無く、日当たりも良く冬季に歩くコースとして最適です。道標、道もしっかり整備されています。
 途中で、年末年始の二週間の内色々な条件が揃わないと見る事の出来ないと言われる「氷の華」を見つけました。これは本当にラッキーで、感激でした。この「氷の華」は、シモバシラ(シソ科の植物)の枯れた茎が毛細管現象で地中から水分を吸い上げ、この水分が凍って茎を破り出てきてガラス細工のような美しい姿となるそうです。
コースタイム 携帯電話Docomo FOMA)の受信状態は、コース上良好です。
日陰 9:00 → 電柱(中継支6)から右の沢を渡り尾根に取り付く → 城山 9:10 9:30 → 大垂水峠 9:55 → 中沢山 12:00 12:50 → 高尾山口駅 14:55
サイズ変更09.12.23minamitakao.01.JPGサイズ変更09.12.23minamitakao.02.JPG
他の写真は、リンク集から「山の写真館」をクリックしてご覧下さい。
タグ:南高尾山稜

陣馬山~高尾山 [高尾・陣馬]

2009年12月8日(火)[晴れ][晴れ][晴れ]快晴、無風
 以前から歩きたかった陣馬から高尾山までの縦走を、楽しく歩き通す事が出来ました。雲ひとつ無い快晴の一日でしたが、日の一番短い時期なのでけっこう一生懸命歩きました。6時間以上を通して歩けたのが、嬉しいですね。少しずつ歩く時間を長くして、春にはロングコースの山登りに挑戦します。
 高尾山からは稲荷山コースを下ったのですが下りにこのコースを使うのは初めてで、登る時目にする景色の違いに驚きました。高尾山口駅付近では、まだもみじ紅葉が楽しめます。また、陣馬山からの富士山が綺麗でした。
コースタイム
陣馬高原下バス停 9:20 → 陣馬山 10:40 11:00 → 明王峠 11:30 → 影信山 12:35 13:15 → 小仏峠 13:40 → 高尾山 14:40 15:00 → 高尾山口駅 16:00
サイズ変更09.12.08takao.01.JPGサイズ変更09.12.08takao.06.JPG

高見山 [三重県]

2009年11月28日(土)曇、小雨
 この山は奈良三重県の県境にある山で樹氷が綺麗なため冬の登山に人気があるそうです。宿を出る時の天気予報は晴でしたが、この付近は濃霧注意報が出ていて時より小雨が降る霧の中の山歩きとなりました。山頂には避難小屋があり、霧で寒い日でしたので助かりました。下山時に数人の登ってくる人達に会いましたので、冬だけでなく人気の山なのかも知れません。なお、高見峠までの旧国道は道路崩壊箇所があり、通行止ですのでご注意下さい。私たちは、たまたま道路点検のために上がってきた警察車両の後を通行止のゲートまで上がり、そこから歩きました。ラッキーでした。
コースタイム 携帯電話Docomo FOMA)の受信状態は、コース上良好です。
宿(奈良、五条) → 車 → 旧国道通行止ゲート 10:00 10:15 → 高見峠 11:00 11:05 → 高見山 11:50 12:15 → 高見峠 12:45 → 通行止ゲート 13:20

写真は、リンク集から「山の写真館」をクリックしてご覧下さい。

日出ガ岳 [三重県]

2009年11月27日(金)晴時々曇
 昨日は、光ケ峯を登り大台ケ原に向かって国道169号線を北上。この国道169号線は和歌山三重奈良県の山中を抜ける道路で、途中かなり細い部分や工事中の箇所があり運転には神経を使いますが、綺麗な紅葉が見られてあまり運転の疲れは感じませんでした。特に奈良県に入ると紅葉が素晴らしく植生の違いを実感しました。この頃は、奈良県の山登りが良いと思います。途中で宿探しに苦労しました。時間が遅く山の中の「おくとろ温泉」のインフォメーションでようやく宿を確保したのは午後4時を過ぎていました。当初宿では夕食は無理との事でしたが、付近の二件の食堂が開いていないため、宿で無理をして夕食を作ってくれました。宿の人達は皆感じが良く親切でした。
 日出ガ岳は、大台ケ原にあり三重県の最高峰で日本で一番雨が多い山との案内板がありました。。大台ケ原は観光地となっていますが、この日は霧が深く観光客は僅かでした。ここは日出ガ岳を含めて探勝路が整備されていて周遊すると大台ケ原を知る事が出来ます。ただ、シオカラ谷を経由するコースは、途中からかなり急な山道となり履物には注意して下さい。また、日出ガ岳の山頂で知り合ったレンジャーから大台ケ原の歴史や現状等を聞く事が出来て得をしました。
コースタイム 携帯電話Docomo FOMA)の受信は、コース上出来ませんでした。
大台ケ原駐車場 11:15 → 日出ガ岳 11:50 12:15 → 大蛇嵓 13:30 13:40 → 大台ケ原駐車場 14:40
サイズ変更09.11.27hidegatake.02.JPGサイズ変更09.11.27hidegatake.04.JPG
他の写真は、リンク集から「山の写真館」をクリックしてご覧下さい。

光ケ峯 [和歌山県]

2009年11月26日(木)快晴
[晴れ][晴れ][晴れ] 那智山詣での古道を歩く伝説の山との事で、登ってみましたが延々と続く植林の杉林の中の道で山頂まで展望はありませんでした。ただ、関東の杉の植林地帯とは異なり手入れが良くなされていて、かなり明るい感じでした。大杭峠までは古道をたどりますが、集落跡で迷いやく沢筋の道も不明瞭な部分がありました。道標は要所に数箇所ありましたが、少ししかありませんので不安になるかも知れません。沢筋に入るまでは、杉の植林地帯の山腹を延々とからんであるきます。大杭峠からの山頂までは微かな踏み跡を見つけながら幾つか小さなコブを超えます。
 大杭峠からは那智大社が見え、那智山詣での歴史を感じます。
コースタイム 携帯電話Docomo FOMA)の受信状態は、登山口の林道終点以外良好です。
高田林道終点 9:25 → 烏帽子山分岐 10:10 10:15 → 大杭峠 11:05 11:15 → 光ケ峯 12:00 12:55 → 同ルートを下山 → 林道終点 15:00
写真は、リンク集から「山の写真館」をクリックしてご覧下さい。

烏帽子山 [和歌山県]

2009年11月25日(水)[晴れ][晴れ]今日も暖か一日
 昨日は午後から雨で夜には雨足が強まりましたが、今日は快晴の朝を迎える事ができました。だた、ガイドブックには、今日のルートの注意書きに増水時には下降不可と書いてあったのでチョッと心配でした。
 今日目標の山は熊野那智大社の奥の山で、那智大社の駐車場から東ノ谷を登り、那智大滝(133m)に続く渓谷を下るコースを歩きました。
 歩きやすい登山道を谷の右岸を歩くとしばらくして陰陽ノ滝に到着。見ごたえのある滝で水量の多さに驚きました。なおも谷沿いの道を行き、飛び石や倒木を使い三度沢を渡りさらに源流に近づくと大きな松尾ノ滝(60m)に出会います。水量は、少なくなりますがなかなか豪快な滝です。ここから先は踏み跡程度とガイドブックにはありましたが、迷うことも無く林道跡に出て、山頂に達しました。山頂手前には帽子岩があり、梯子で登る事が出来て、岩の上は絶好の休憩場所です。
 下山は、いよい那智大滝に続く本谷を下る。原生林から沢に出て、目印のテープを探しながら下りる。途中、三ノ滝(登山道からは少ししか見えず)、二ノ滝(豪快です)を見ながら渡渉を三度こなし、沢から離れ小さな峠に立つと那智大社が眼下に見えて緊張も和らぎます。青岸渡寺でお参りをし、大門坂から車に無事到着しました。
 久しぶりに、充実した山歩きでした。渡渉あり、目印ののテープを探しながらの歩き等上級者向きのコースです。踏み跡が悪いところもあり、注意が要ります。それだけに、満足感いっぱいの山歩きが出来ました。気温の高い日でしたが、コースの殆どが谷にあったため汗もほとんどかかずに快適でした。
コースタイム 携帯電話Docomo FOMA)の受信状態は、コース上良好です。
那智大社曼荼羅の郷駐車場 9:05 → 陰陽ノ滝 9:35 → 松尾ノ滝 10:50 → 林道 11:45 → 烏帽子山 11:45 11:55 → 帽子岩 12:00 13:00 → 二ノ滝 14:45 ここから渡渉三回(上部から見て右、左、右)+飛び石伝いに一度右岸に渡る → 青岸渡寺 15:30 → 駐車場 15:00
サイズ変更09.11.25ebosiyama.03.JPGサイズ変更09.11.25ebosiyama.13.JPGサイズ変更09.11.25ebosiyama.21.JPG
この他の写真は、リンク集から「山の写真館」をクリックしてご覧下さい。

嶽ノ森山、峰ノ山 [和歌山県]

2009年11月23日(月)[晴れ][晴れ]暖かい
 昨日午後からの雨が嘘のような青空に、和歌山の海と山が鮮やかでした。勝浦民宿から串本まで行き、山道を観光名所の一枚岩を目指して走ると大きなスラブ状の岩が見えてきてこの少し先の駐車場に車を停めます。
 登山口はこの先のトンネルの右側とガイドブックに書いてありますが、指導標が無く迷いました。僅かの踏み跡の手前にピンクテープがあり、これが取り付きでした。少し登るとしっかりした登山道となります。要所には小さな道標がありますが、関東の山のような道標はありませんので注意が必要です。途中登山道は滑状の沢筋となりますが、ステップが刻まれていて問題なく通過出来ます。ステップが無いとかなり難しい歩きになるかと思います。クランク状の四差路を過ぎるとすぐ頂上です。山頂は、上の峰と下の峰に分かれていて下の峰まで往復してからクランク状の四差路まで戻り峰ノ山まで向かいました。途中から大規模な伐採が行われていて、登山道はずたずたで峰ノ山山頂まで苦労しました。ガイドブックでは下山が舗装された林道となっていましたので、これを避けて四差路まで戻り登山口に近い別の駐車場へ下る下山路を下りました。このコースは、変化にとんだ素晴らしいものです。
コースタイム 携帯電話(Docomo FOMA)の受信状態は、コース上良好です。
駐車場 10:50 → 嶽ノ森山(上ノ峰) 11:30 11:45 → 下ノ峰 12:00 → 上ノ峰 12:15 → 峰ノ山 13:05 → 林道分岐 13:20 13:55 → 駐車場 14:55
サイズ変更09.11.23dakenomoriyama.06.JPGサイズ変更09.11.23dakenomoriyama.01.JPG
この他の写真は、リンク集から「山の写真館」をクリックしてご覧下さい。


メッセージを送る