So-net無料ブログ作成

人形山 [奥多摩]

2009年11月18日(水)[晴れ][晴れ]
 紅葉を楽しみに出かけましたが、今年は一週間くらい紅葉が早いとのことで中腹から上は冬枯れの状態でした。それでも、鍾乳洞付近は綺麗な紅葉が楽しめました。また、枯葉の絨毯を踏んで歩く道は、カサコソと音を立ててそれだけで楽しくなります。弱い寒気の吹きだしがあり冷たい風でしたが、陽だまりは充分に暖かくノンビリ歩いた気持ち良い一日でした。
 今回はこの山に何回も登っている友人二人が周回コースとは別のルートを案内してくれました。登山口から15分ほど登り周回コースから左の踏跡に入り上の稜線に向かって急斜面を登るとかご岩への分岐に、左に少し登るとかご岩の上に出られます。右に稜線を行くと展望の良い岩稜を歩くようになり、再び樹林帯で入ると一石山です。ここから周回コースに合流しミズナラの巨樹から人形山まで気持ちの良い冬枯れの道です。下降ルートは山頂から尾根通しに周回コースを下りました。周回コースには、小さな解り易い案内板が随所にあります。
 巨樹を保護するためにボランティアの人達が、枯れ木で囲いを補強していました。心無い人達が囲いの中に入り巨樹の周りの土を踏み固めてしまい、年々ミズナラが弱ってきているそうです。枯れ木運びを少し手伝いましたが、大切な自然がたくさんの人々によって守られている事を実感しました。
コースタイム 携帯電話(Docomo FOMA)の受信状態。3が最高。
日原鍾乳洞駐車場(3) 9:55 → かご岩 10:20 → 燕岩 10:45 11:05 → ミズナラの巨樹 11:35 12:20 → 人形山 12:35 13:20 日原鍾乳洞駐車場 14:20
サイズ変更09.11.18ninngyouyama.24.JPGサイズ変更09.11.18ninngyouyama.11.JPGサイズ変更09.11.18ninngyouyama.07.JPG
この他の写真は、リンク集から「山の写真館」をクリックしてご覧下さい。


 

九鬼山 [中央線沿線]

2009年11月8日[晴れ][曇り]晴時々曇 無風
 一日おきの山歩きで多少足に疲れを感じていましたが、歩きはじめると調子も上がり快適な山歩きができました。しかし、数日にわたる縦走を楽しむためにはもう少し長時間継続して歩けないと難しいですね。少しずつ歩く時間を延ばして、目標は一日で8時間くらい歩けるようになる事ですが、これから苦手な冬がくるのでウウウウ(-_-;)。
 このコースの殆どは自然林の中で、綺麗な紅葉を楽しみながら枯葉を踏みしめての楽しい山歩きが出来ました。思ったほどのきつい登りや階段状の木道も無く、道標も完備していて安心して歩けます。ただ、急斜面にはトラロープが張られていて、此れが無ければなお良かったのですが。赤く紅葉した木は少なかったのですが、非常に綺麗に赤く紅葉した木がありました。いや~素晴らしかったです。是非「山の写真館」をクリックして写真を見て下さい。
コースタイム 携帯電話(Docomo FOMA)の受信状態は、コース上良好でした。
猿橋駅 9:00 → 神楽山 9:55 10:05 → 御前山 10:20 10:25 → 馬立山 11:10 11:20 → 札金峠 11:50 → 九鬼山 13:00 14:00 → 禾生駅 15:20
サイズ変更09.11.08kukisan.14.JPGサイズ変更09.11.08kukisan.02.JPGサイズ変更09.11.08kukisan.21.JPG
この他の写真は、リンク集から「山の写真館」をクリックしてご覧下さい。

陣馬山 [高尾・陣馬]

2009年11月6日(金)[晴れ][晴れ][晴れ]快晴、無風
 朝起きてみるとあまりに素晴らしい秋晴で、今日一日自宅で閉じこもるのは身体に良くないと思い短時間で登れる陣馬山に行って来ました。紅葉にはまだ早かったのですが、澄み切った秋空に雪を被った富士山が綺麗でした。忙しい山歩きでしたが、良い一日が過ごせました。
 底沢峠までの道は、植林が伐採されていて展望が良くなっていました。
コースタイム 携帯電話(Docomo FOMA)の受信状態は、コース上概ね良好でした。
陣馬高原下バス停 10:05 → 底沢峠 11:00 11:20 → 陣馬山 12:00 12:20 → 陣馬高原下バス停 13:10
サイズ変更09.11.06jinnbayama.09.JPGサイズ変更09.11.06jinnbayama.06.JPG
この他の写真は、リンク集の「山の写真館」をクリックしてご覧下さい。

物語山 [上・信越]

2009年11月4日(水)[晴れ][晴れ][晴れ]快晴、無風
 山名に惹かれて以前から登りたかった山でした。快晴に恵まれ楽しめたのですが、紅葉には少し早かったようです。また、30人ほどのバスハイクの集団と一緒になりましたが、早々に追い越し、その賑やかさに追い立てられるように登りました。静かな山歩きが出来るかと思ったのですが・・・。
 コース上には、要所に道標があります。西上州の山らしく、稜線まで急登ですが約1時間の頑張りです。山頂で休む時は、南峰が静かで広い場所もありお勧めです。山頂直下の道標のところから、踏み跡(山頂から見て左)にしたっがて2~3分です。
 下山後時間があったので、阿唱念ノ滝まで登ってきました。水量が少ない時期だからなのか、滝と言える状態ではありませんでした。コースも殆ど歩かれていないようで、倒木があったり歩きにくく注意が必要な部分もありました。滝の様子は、「山歩き写真館」に載せています。
コースタイム 携帯電話(Docomo FOMA)の受信状態は、阿唱念ノ滝以外のコース上は良好でした。
自宅(東村山)7:00 → 車 →サンスポーツランド駐車場 9:15 9:35 → 登山口 10:20 → 山頂 11:05 11:50 → サンスポーツランド駐車場 13:00 13:10 → 阿唱念ノ滝 13:45 13:50 → サンスポーツランド駐車場 14:20
サイズ変更09.11.04monogatariyama.19.JPGサイズ変更09.11.04monogatariyama.08.JPGサイズ変更09.11.04monogatariyama.10.JPG
この他の写真は、リンク集の「山の写真館」をクリックしてご覧下さい。

タグ:物語山
メッセージを送る