So-net無料ブログ作成
検索選択

甘利山・千頭星山 [中央線沿線]

2008年10月30日(金) 晴時々曇(弱い寒気の吹きだしのようなお天気で、寒い日でした。)
 晩秋の唐松の紅葉を求めてこの山を選びましたが、予想通り静かで綺麗な紅葉の山登りが満喫できました。
帰りに素晴らしい泉質の温泉を発見、源泉かけ流しでこれはもうたまりません。小さな温泉ですので、団体等には着て欲しくないと地元の方が話していましたので、ここでは紹介しません。秘湯です。
コースタイム *( )内の数字は携帯電話(Docomo FOMA)の受信状態です。3が最高。
 広河原(甘利山駐車場) 9:30(3) → 千頭星山(3) 11:30 12:40 → 甘利山(3) 13:40 14:00 → 広河原(甘利山駐車場) 14:20
08.10.30s-amariyama.02.JPG08.10.30s-amariyama.03.JPG08.10.30s-amariyama.04.JPG
この他の写真は、リンクの「山歩き写真館」をクリックして下さい。

 

平標山・仙ノ倉山 [上・信越]

2008年10月21日~22日(水) 晴[晴れ][晴れ]
 紅葉を求めて上越の山に行って来ました。紅葉の真っ盛りで大満足の山歩きでした。
21日(火)[晴れ][晴れ]
  今日は平元新道を平標山ノ家までなので、登り口にはお昼前に到着。森林限界までの紅葉が素晴らしかったです。山ノ家の宿泊は4名、食事は美味しく、トイレは水洗で快適な山小屋でした。今回山小屋泊まりにして正解でした。谷川連峰は午後お天気が不安定になるのは常識ですから、快適な山登りを楽しむには午前中に歩く事が絶対条件でした。
コースタイム *( )内の数字は携帯電話Docomo FOMA)の受信状態です。3が最高。
  平標登山口11:35(3) → 平元新道入口(2)12:30 12:35 → 平標山ノ家(小屋内X,西側は3)13:50
22日(水)[晴れ][晴れ]
コースタイム
  平標山ノ家6:30 → 平標山(3)7:20 → 仙ノ倉山(3) 8:20 8:40 → 平標山 →松手山(3)11:20 12:00 → 平標登山口13:10
帰路途中のプリンスホテルでは、優雅に紅葉を楽しみながらお茶を、いや~たまりませんね。
08.10.21s-tairapiyou.09.JPG08.10.21s-tairapiyou.08.JPG08.10.21s-tairapiyou.07.JPG
この他の写真は、リンクの「山歩き写真館」をクリックして下さい。

金峰山・国師岳 [奥秩父]

2008年10月17日(金)晴[晴れ][晴れ]
 大弛峠の駐車場には7時半に到着。混雑すると聞いてはいたのですが、平日と言うのにこの時間でほぼ50台はありました。金峰山を登っていったん駐車場に戻った時には、凄まじい車の数でした。林道の路肩までびっしり150台は駐車していたでしょう。登山者の話によると、9月21日にNHKの「小さな旅」でこの金峰山と山小屋を紹介する番組が放映されてその結果ではないかと話していました。また金峰山小屋は予約でいっぱいで大弛小屋に泊まると話している人もいました。
 えらい時に来てしまったと思いながら、まずは金峰山目指して出発。快晴のなか空気は冷たく手袋が欲しいほど、Tシャツの上に薄手の長袖を着ていたのですが、最後まで長袖を脱ぐことはありませんでした。森林限界を越えると展望がいっきに開け、山頂は直ぐでした。駐車場に戻り、気合を入れて国師岳の登りにむかいましたが、このころはほとんどヘロヘロ状態。それでも頑張って国師岳、北千丈岳と登り無事駐車場にたどり着きました。快晴のもと金峰山、国師岳、奥秩父最高峰の北奥千丈岳と三つの山を登れて大満足の山歩きでした。ただ、1人歩きだとついついあまり休みもせず、味わいながらの山歩きがどうしても出来ません。登りの体力を付けるのと、味わいながら登る事が今後の課題です。
 紅葉は、大弛峠までの林道周辺で楽しめます。現在、山の中腹程度の標高が紅葉の見ごろです。
下の写真以外は、リンクから「山歩き写真館」をクリックすると他の写真がご覧になれます。
コースタイム
   *( )内の数字は携帯電話(Docomo FOMA)の受信状態です。3が最高。大弛小屋付近から受信出来るようになりました。
大弛峠 8:00(x) → 朝日岳(x) 9:00 9:10 → 金峰山(x) 10:15 10:40 → 朝日岳 11:30 → 大弛峠 11:50 12:30 → 三繋平(3) 13:15 →
国師岳(3) 13:25 13:40 → 北奥千丈岳 13:50 13:55 → 大弛峠 14:20
08.10.17s-kinpu.03.JPG08.10.17s-kinpu.02.JPG08.10.17s-kinpu.04.JPG

蕨山 [奥武蔵]

2008年10月3日(金) 晴[晴れ][晴れ]
 午前中低い雲がありましたが、丁度山頂に到着するころより爽やかな風とともに晴になりました。このコースは植林も少なく紅葉に時期ならなお楽しめる思います。道標がしっかりあり、道迷いの不安はありません。名郷から山頂までの登りはきついですが変化があって楽しめます。なお、名郷の登山口近くに「熊注意」(下の写真)の注意書きがありました。
今回登山口の名郷の駐車場が有料とのことでしたので、トイレのある河又の無料駐車場に車を置いて、バスで名郷まで行きました。この方法だと帰りに、さわらびの湯で汗を流してからゆっくり帰れます。
コースタイム  *( )内の数字は携帯電話Docomo FOMA)の受信状態です。3が最高。
名郷(3) 8:40 → 尾根上(3) 9:25 → 蕨山(3) 10:20 11:20 → 河又(3) 13:30
サイズ変更08.10.3warabiyama.01.JPGサイズ変更08.10.3warabiyama.04.JPGサイズ変更08.10.3warabiyama.07.JPG
メッセージを送る