So-net無料ブログ作成

アイガーグレッチャー→クライネシャイデック→メンリッフェン [ヨーロッパアルプスハイキング日記2013]

8月5日グリンデルワルト・快晴
 歩けるのは今日のみなので、何とかコースを見繕って歩いてきました。このコースは、咲いている花の絨毯の中に広い道が出来ているので人気のあるコースです。ただクライネシャイデックからメンリッフェンまでは緩い登りが続くので、8割の人は逆コースで歩いていました。メンリッフェンからは、テレキャビンでグルントへ。ここから一駅でグリンデルワルト駅ですが、最後の力を振り絞り歩くことにしました。いや~、疲れました。ふ~、花、展望、観光、ハイキングの終わりです。さあ、クライミングだ~、クライミングだー(^^♪。
 今年のスイスは夏の訪れが遅かったために、6月に咲く高山植物が今咲いているそうです。そのため時期ごとに咲く花が一斉に開花して見ごたえにあるお花畑が出来たそうです。お天気にも恵まれラッキーでした。これで、体重が増えていなければ良いのですが。
 アイガーの北壁も見納めです。夜になるとアイガーバント駅の窓からの明かりが見えます。この明かりを見る度に、映画のシーンを思い出します。希望の窓を目前にしてロープに宙吊りのまま成すすべなく諦めなければならなかった気持ちを想像すると、胸が苦しくなります。帰国したら、もう何度目かになりますがこの映画を見るでしょう。
お花畑と道標登山電車アイガー北壁不明トランペットジェンシアヴェッターホルン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る