So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

鈴庫山 [奥多摩]

2015年10月26日[晴れ][晴れ]快晴
 余に良いお天気なので減量ハイキングに行ってきました。と言っても長い時間は歩けないので、三時間程度で登りが少なく紅葉が綺麗の三条件で探しました。
 柳沢峠の市営駐車場では、写真のように素晴らしい紅葉が楽しめました。このコースは道も歩きやすく、道標も整備されていて安心して歩けます。今日は、昨日の強風も治まり快晴無風の暖かい歩くには最高の一日でした。柳沢峠から少し高度を上げると紅葉は終わりになっていましたが展望は抜群でした。

コースタイム
柳沢峠市営駐車場 9:30 → 柳沢の頭 10:05 10:10 → ハンゼノ頭 10:30 → 三窪高原 10:40 → 鈴庫山 11:15 11:30 → 柳沢の頭 12:10 12:30 → 柳沢峠市営駐車場 12:50
鈴庫山鈴庫山鈴庫山鈴庫山
タグ:鈴庫山

黒斑山 [上・信越]

2015年9月28日[晴れ][晴れ]
 突然行くことになったハイキング。前日フルパワーでジムクライミングしているのでゆっくり休養のつもりだったのですが。まあ秋空で風も気持ち良かったのですが脹脛はパンパンになるし、足首に痛みが出始めたてまいりました。ヘロヘロになって帰宅。浅間山の展望が素晴らしく、も少し後ならカラマツの黄葉が素晴らしいでしょう。
コースタイム
車坂峠駐車場 9:10 → トーミの頭 10:40 11:50 → 黒斑山 11:10 11:50 → (中コース) → 車坂峠駐車場 13:10
黒斑山黒斑山黒斑山
タグ:黒斑山

高尾山 [高尾・陣馬]

2015年9月22日[晴れ]
 余の晴天にダイエット目的で久しぶりに高尾山へ行ってきました。歩けるかと大混雑の不安がありましたが、何とかリタイヤせずに帰宅。
 混雑を避けて高尾駅北口からバスで日影へ。ここから登った経験がないのと日が当たらないコースなので選んだのですが、これは大正解で静かに歩けました。ただ山頂に近づくとものすごい人の列が。山頂は人混みで休む場所も無く、記念写真を撮る人が列を作っていて、いや~、驚きました。早々に空いていそうな3号路へ。3号路は殆どが日陰のコースなので、人も少なく快適です。昼過ぎには高尾山駅に下山したのですが、まだまだ登る人が溢れていました。
 歩き始めるとやたらとお腹が空いて、ハイキングはダイエットにはならないような。
コースタイム
日影 9:30 → 高尾山山頂 10:40 → 3号路分岐 11:00 11:20 → 高尾山口駅 12:30
高尾山山頂高尾山山頂
タグ:高尾山

高尾山 [高尾・陣馬]

2014年9月26日[晴れ]
 今年のハイキング始めは、やはり高尾山からです。何時ものように稲荷山コースから山頂でランチ、びわ滝に下りて帰ってきました。
 朝食を何時もと同じトースト一枚と紅茶ですませてそのまま登りに突入すると、10分ほどで血糖値が下がり始め足がまったく上がらなくなってしまいました。もうだめかと思ったのですが、持っていた行動食を食べると何とか歩ける感じになり山頂まで頑張れました。以前にも同じような事があったのですが、どうも学習能力が無く(-_-;)。
 無事に下山。下山したらお蕎麦を楽しむつもりでしたが、お蕎麦屋さんがたくさんあってどのお店が良いのやら解かりません。「高橋家」と言うお店に勘で入ったのですが、当たりでした。ここで、とろろ蕎麦と鴨ねぎ丼の小鉢を一つずつ注文。これは二つの料理を楽しめるので、最高の注文方法でした。是非、お勧めです。
 久しぶりの歩きとグルメを堪能した日になりました。
高尾山高尾山山頂高尾山鴨ねぎ丼、とろろ蕎麦

多摩湖一周 [その他]

2013年12月6日[晴れ][晴れ]暖かい一日
 山歩きがなかなか出来ないので、近場に歩きに行ってきました。以前自転車で走った事がある道ですが、歩くのも楽しそうなので自転車やランニングの人の少ない平日に歩きました。
 西武球場駅から多摩湖を一周して同じ駅に戻るコースです。多少アップダウンのある約二時間ほどの歩きでしたが、まだまだ紅葉が綺麗で楽しめました。コースの途中にある「鳥山」のランチにひかれたのですが、今回はコンビニのおにぎりで我慢になってしまいました。このコースはサイクリングコースにもなっているため、休日にはランニングする人と自転車が多いため歩くのには向かないかも知れません。
 次回は、狭山湖の一周ウォークに挑戦です。近場でこんなに楽しめるとは、新しい発見でした。
多摩湖多摩湖多摩湖多摩湖サイズ変更tamako 027.jpg多摩湖

高尾山 [高尾・陣馬]

2013年11月6日快晴
 余りの晴天日に閉じ篭りはもったいないので、遅出で高尾山に登ってきました。
 平日だと言うのにケーブルカー乗場前の広場にはたくさんの人が。
 何時ものとおり稲荷山コースから山頂へ。山頂は大変な混雑で、今日は平日かと自分の記憶を疑ってしまいます。遠足の子供たち、若者もたくさん。琵琶滝コースの6号路は、登り専用になっていました。紅葉は山頂の紅葉が綺麗でしたが、他はこれからです。紅葉前線が降りてくると大混雑になりそうです。下山は、3号路を下りましたが、最後がかなり急です。大して歩かなかったのですが、昨日のクライミングの疲れもあって足ががくがくと、明日のジムクライミングは大丈夫かな・・・。
ケーブルカー乗場前の広場山頂のもみじ山頂の紅葉山頂
タグ:高尾山

帰国しました。 [ヨーロッパアルプスハイキング日記2013]

8月8日成田空港
 昨日ルフトハンザ航空にて無事帰国しました。
 行きとは異なり、機内は満席。21日に出発のヨセミテのために、ひたすら寝て体力回復を図りましたが思ったほど眠れず(ーー;)。
 シャモニ、ツェルマット、グリンデルワルトとそれぞれ個性的な町と山でしたが、やはりシャモニはクライマーの町の雰囲気がいっぱいで好きですね。ツェルマットは、著しい観光地化でもう二度と行かないでしょう。グリンデルワルトは、町を中心になだらかな牧草地が広がっていて明るく優しさが感じられます。今回は、昔のクライミングの足跡をたどる旅になりました。若さの素晴らしさを感じますね。その歳にしか出来ない夢を考え、実現してゆかないとあっと言う間に歳を取ってしまいますね。まあそれはそれで、生き方の問題ですが。死ぬ時に、後悔だけはしない生き方をしたいものです。う~ん、登りたいルートがたくさん残っていました。

グリンデルワルトからチューリッヒ [ヨーロッパアルプスハイキング日記2013]

8月6日グリンデルワルト・晴、チューリッヒ・晴午後7時から雷雨
 無事チューリッヒまで帰ってきました。ふ~。今回は、お天気や宿、ハイキングコース等幸運に恵まれた旅でしたが、朝鏡で顔を見たら何か丸くなったような。ク、クライミングが・・・・(-_-;)。
 とにかく、8日の朝には成田空港に着きそうです。
列車内(二階席)ホテルの朝食(バッフェ)

アイガーグレッチャー→クライネシャイデック→メンリッフェン [ヨーロッパアルプスハイキング日記2013]

8月5日グリンデルワルト・快晴
 歩けるのは今日のみなので、何とかコースを見繕って歩いてきました。このコースは、咲いている花の絨毯の中に広い道が出来ているので人気のあるコースです。ただクライネシャイデックからメンリッフェンまでは緩い登りが続くので、8割の人は逆コースで歩いていました。メンリッフェンからは、テレキャビンでグルントへ。ここから一駅でグリンデルワルト駅ですが、最後の力を振り絞り歩くことにしました。いや~、疲れました。ふ~、花、展望、観光、ハイキングの終わりです。さあ、クライミングだ~、クライミングだー(^^♪。
 今年のスイスは夏の訪れが遅かったために、6月に咲く高山植物が今咲いているそうです。そのため時期ごとに咲く花が一斉に開花して見ごたえにあるお花畑が出来たそうです。お天気にも恵まれラッキーでした。これで、体重が増えていなければ良いのですが。
 アイガーの北壁も見納めです。夜になるとアイガーバント駅の窓からの明かりが見えます。この明かりを見る度に、映画のシーンを思い出します。希望の窓を目前にしてロープに宙吊りのまま成すすべなく諦めなければならなかった気持ちを想像すると、胸が苦しくなります。帰国したら、もう何度目かになりますがこの映画を見るでしょう。
お花畑と道標登山電車アイガー北壁不明トランペットジェンシアヴェッターホルン

休養日(街歩き) [ヨーロッパアルプスハイキング日記2013]

8月4日グリンデルワルト・朝雷雨後晴
 朝方いきなり雷鳴と雨になり、即休養日にしましたが、その後晴れてきたのでダイエットのつもりで2時間ほど周辺を歩きました。そろそろクライミングモードに持っていかないと、まずいです。毎晩経費節約のためスーパーで買ったパンとチーズばかり食べているので、ちょっと炭水化物乳製品の取りすぎです。一度くらいスイス料理を食べたいので日本語観光案内所でミールクーポンを購入し、レストランとメニューの予約をしてもらいました。もちろん、一番安いメニューのチーズホンジュとラクレットです。これで、ランチはビスケット三枚となりました。
 夕方まで空腹を我慢してレストランへ。量も味もまずまずでした。テラス席でしたが、夕方のアイガーを目の前にして、最後の晩餐に相応しい時間でした。
 明日はグリンデルワルトで歩けるのは最後の日となりますので、何とか頑張ります。
ヴェッターホルンヴェッターホルン前菜ラクレットとチーズホンジュ今日のアイガーデザートのシャーベット(

前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。